盛岡市の歯医者をお探しなら、ゆいとぴあ歯科医院へお任せ下さい。

  • 駐車場15台完備
  • 平日は毎日診療!
  • 全室個室・最新CT・託児
  • 無料ご予約 0800-800-8200

歯のマメ知識

2014年07月31日
総入れ歯のデメリット

歯が抜けてしまった場合の治療方法として部分入れ歯の利用があります。保険適用で作れたり、取り外しが可能などのメリットがある一方でデメリットも存在します。

どういったデメリットがあるのかと言いますと、まずは噛む力が弱くなるという事です。天然の歯の場合ですと、歯の根っこが土台になってくれますので、それによってしっかりと力を入れて噛めるようになります。しかし、部分入れ歯の場合、歯が浮いている状態になってしまいますので、天然の歯のように力を入れて噛む事ができなくなってしまいます。その為、時には食事を楽しむ事が難しくなってしまったり、さらには骨に刺激を与える事ができず、骨が痩せてしまう原因にも繋がります。

他にも見た目があまり良くないというデメリットもあります。特に保険適用の安価な入れ歯の場合ですと、止め金を利用する治療方法になりますが、その止め金が目立ってしまいます。その為、会話をしている時や笑った時に目立ってしまう事があります。

違和感が強いのもデメリットの一つです。口の中に異物が入っている状態になりますので、それが気になってしまう事もあります。また、人によってはその違和感が気になり使わなくなってしまうケースも珍しくありません。

診察・相談のご予約 オンライン予約はこちら