盛岡市の歯医者をお探しなら、ゆいとぴあ歯科医院へお任せ下さい。

  • 駐車場15台完備
  • 平日は毎日診療!
  • 全室個室・最新CT・託児
  • 無料ご予約 0800-800-8200
  • 初めての方へ

スタッフブログ

2016年02月25日
むし歯予防

盛岡市 本宮 ゆいとぴあ歯科医院 副院長 藤本梓です。

 

みなさんは、医療系のテレビ番組やドラマを見たことがありますか?

今、「fragile」というドラマもやっていますよね。

見たことがある方は、その中に出てくるカンファレンスや症例検討会

という言葉を聞いたことがあるかもしれません。ドクター同士が患者様

の状況や治療方法について話し合ったり、報告しあったりするものです。

 

ゆいとぴあ歯科医院では、ドクターだけではなく全員で定期的に症例検討会を行っています。

昨日行われた症例検討会では、むし歯予防についてみんなで考えてみました。

 

頑張って歯を磨いているのになぜかむし歯ができてしまうと感じていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

磨いているつもりでも汚れが落ちていないという場合もあるかもしれません。

しかし、しっかり磨けているのにむし歯になってしまうというケースが実はあるのです。

それは、食生活習慣です。

お口の中は普段中性なのですが、糖分が入るとむし歯菌が酸を産生して酸性になります。そうすると歯が溶けて、むし歯ができます。

糖分が入っている食べ物や飲み物を頻繁に取る習慣があるとむし歯になりやすくなるというわけです。

食べたら歯磨きをすれば大丈夫と思われがちですが、歯磨きをしてもむし歯になりやすい状態は変わりません。

お口の中が酸性になった状態は、唾液の成分で自然に中性に戻るのを待つしかありません。

夜寝る前に食べたり飲んだりすると、寝ている間は唾液が少ないので中性に戻れず、むし歯になりやすくなります。

だから、むし歯と食生活習慣とは密接な関係があるのです。

 

食生活習慣を変えることは難しい面もあるかもしれませんが、糖分摂取をしてはいけないということではなく、取るタイミングが大切だということです。

上手に工夫してむし歯を予防しましょう。

月別アーカイブ