盛岡市の歯医者をお探しなら、ゆいとぴあ歯科医院へお任せ下さい。

  • 駐車場15台完備
  • 平日は毎日診療!
  • 全室個室・最新CT・託児
  • 無料ご予約 0800-800-8200
  • 初めての方へ

スタッフブログ

2014年08月29日
むし歯になりやすい体質?

こんばんは☆

岩手県盛岡市本宮 ゆいとぴあ歯科医院

歯科衛生士 井崎志穂です!

今日はわたしの乳歯をお見せしたいと思います(笑)

永久歯の健康を願って抜けた歯を、上の歯は床下下の歯は屋根の上に投げるという風習がありますが、うちでは保管していました。

attachment00 (12).jpg

銀歯が3つあり、前歯にもむし歯で穴があいてしまっています。グラグラして抜けるまでむし歯の状態だったということです。我ながら昔はむし歯になりやすかったんだなと驚きました…

しかし、今は1本も銀歯がなく歯の間のむし歯にはなったことがありません。みなさんもしかすると、「自分は生まれつきむし歯になりやすい体質」と思っている方がいらっしゃるかもしれません。

たしかに、むし歯になりやすいなりにくいというのは個人差はあると思います。むし歯菌の種類も量も人それぞれ違います。ただ、むし歯菌は口の中にあるからといって必ず悪さをするわけではありません。

糖分の摂取が多かったり、汚れが溜まったりすることでむし歯が発生します。私も、よく考えると小さい頃は甘いものが大好きでお菓子ばっかり食べていた記憶があります。家には必ずお菓子やジュースがあり、いつでも食べ放題でした。

むし歯菌には歯が生え始める半年ころから3歳頃までが1番感染しやすいといわれますが、糖分の摂取が早ければ早いほど、むし歯菌が定着繁殖しやすいお口の環境ができてしまうためより定着しやすいことが分かっています。また、味覚は幼少期に決まるといわれます。偏食など小さなうちからの習慣が大人になるまで変えられない人もいます。

わたし自身、甘いものが大好きですが、むし歯になりたくないので食べる回数や時間など、食べ方には注意しています。太りたくないというのも大きいですが(笑)

食生活習慣は、意識しないとなかなか把握するのが難しいです。むし歯が多いと自覚されている方は、歯磨きだけでなく自分がよく食べているもの、飲んでいるものなど食生活も振り返ってみてはいかがでしょうか☆

月別アーカイブ