盛岡市の歯医者をお探しなら、ゆいとぴあ歯科医院へお任せ下さい。

  • 駐車場15台完備
  • 平日は毎日診療!
  • 全室個室・最新CT・託児
  • 無料ご予約 0800-800-8200

スタッフブログ

2012年11月27日
鬼が笑う?

こんにちは。

盛岡市 ゆいとぴあ歯科医院 歯科医師 臂です。
今朝はついにが降りましたね。
お足元の悪い中、お約束通りに来院して下さった皆さん、
どうもありがとうございました。
今年も残すところあと1ヶ月。
先日のブログで受付・トリートメントコーディネーターの佐藤も書いていましたが、
私も来年に備えて手帳を準備しました。
image.png
B5サイズの大きな手帳です!
仕事のこと、プライベートな予定…じゃんじゃん書き込んで活用したいと思います。
ところで。
よく「来年の話をすると鬼が笑う」と言いますが、この言葉の由来をご存知ですか?
気になって調べたところ、島根県の民話が元になっているようです。
突然の病で亡くなった相撲取りが、えんまさまに「お前は生きているときに何をしていたのか」と聞かれ、「相撲をとって皆を楽しませていました」と答えます。
するとえんまさまが「よし、お前は極楽に送ってやろう しかし、その前に相撲を見せてくれ」と言います。
そして相撲取りは鬼と相撲をとることになるのです。
鬼が相手でも、負けるわけにはいかない相撲取り。勢い良く鬼を投げ飛ばします。
すると投げ飛ばされた鬼が岩に頭を強くぶつけ、角を折ってしまうのです。
大切な角を失ってしまった鬼は、ひたすら泣いて悲しみます。
見かねたえんまさまは、鬼に向かってこう言います。
「わかったからもう泣くな 来年になったら新しい角が生えてくるようにしてやろう」
すると鬼は泣き止んで、にっこりと笑ったそうです。
実現性の低いことを言う相手をからかうときに使われる言葉ですが、
こんな出来事が由来となっているのですね。
スポーツ選手は、自分が成功することをイメージしてトレーニングすると言いますが、
こういうことって大事なんじゃないかと思います。
私個人的にも、来年に向けて課題がたくさんありますので、
成長している自分を思い描いて、たくさん鬼を笑わせたいと思います!

月別アーカイブ