盛岡市の歯医者をお探しなら、ゆいとぴあ歯科医院へお任せ下さい。

  • 駐車場15台完備
  • 平日は毎日診療!
  • 全室個室・最新CT・託児
  • 無料ご予約 0800-800-8200

スタッフブログ

2011年03月02日
1000ヶ所ドリプラ

自分が大好きな
いとう眼科のエムさんを応援しています

ちょっと読んで頂き共感頂いた方は
3月6日(日)足を運んで頂けたらと思います

よろしくお願いします

↓ ↓ ↓
t02200311_0595084210867125549.jpg
「本当に1000ヶ所なんてできるの?」
「何の意味があるの?」
「できるの?」


沢山のこともいわれてきたと思います。
その答えがあと4日後に。。


でも、実はそう書いていても

何もないかもしれない。
何もわからないかもしれない。



でも、やる。
やりたいからやる。
わからなくてもやる。
ただやる。


結果がわかっていることしかやらない
のではつまらないですし、
そもそも、予想できないからこそ、ワクワクする。


当日のワクワクプランは
以前少し書きました。
相当ワクワクしています。


「ドリプラ」っていうと、
講演をして
プレゼンをして
コメントをいただいて
ムービー流して
というパターンが多いと思います。
たまに、前座に余興的なニュアンスの
ものも入れたりして。



でも、もっといろいろな
ことができるのではないか?
もっと楽しめるのではないか?
もっとドリプラのよさを出すことも
できるのではないか?



そんなことを考えながら、
語り合いを重ねてきました。


3月6日は本当にてんこ盛りです。


参加者も様々です。


初めてドリプラを見る人。
ドリプラに少しかかわりだした人。
ドリプラにどっぷりはまっている人。
実行委員長としてドリプラを企画したい人。


その全ての人が楽しめる
祭りだと思います。



ドリプラをあまり知らない人には
昨年のプレゼンター3人のプレゼンを!


「愛務所」で会場中の度肝を抜かせた古市さん。
「ドリームワゴン」で人の可能性をみせてくれたみ~ちゃん。
そして、昨年世界一のプレゼンター「弱視学級」のときちゃん。


強烈3連発です。



でも、実はプレゼンつくりの裏側やドリプラ運営の
裏側にはいろいろなドラマが。。

そこで何を感じたのか・・・
シークレットな衝撃のプレゼンもあるかもです。




ドリプラにどっぷり漬かっているひとには
「ドリプラバトル」。

福島先生に厳し~~~い問いが。

「ドリプラってどうなの?」


必死になった福島先生が見えるかも。
対立軸を置くことで、より深いところが
見えてくるかもです。

2度とないかもしれない、公開ドリプラバトルです。
シナリオも進行も考えていません。
なるがままです。




これから実行委員長をやりたいと思っている
人には実行委員長ドリプラ。

「何かやりたい」
「ドリプラを使って組織を地域を元気にしたい」


そんな思いをもった人は沢山いるはず。
今回、勇気を出して手を挙げてくれた
実行委員長候補者が
自分の思うドリプラのプレゼンをします。

この数ヶ月一緒に歩んできましたが
みなさん、決して順調ではありませんでした。
必死で自分と向き合ってきました。
沢山の相互支援が飛び交っていました。
その結果、何がでてくるか。。。



そして会場参加型の何か。。
そう、「何か」なのです。
その場の空気で決めます。

プランはあっても、決めていない!


これが今回の祭りの特徴かもです。

進行にとらわれない。
その場の空気を感じ
そして一番やりたいことをやる!



大会委員長はせんちゃん。
最強のファシリテーターです。


今回は福島先生、大嶋啓介さんも
きてくださいます。

司会はナニメンさん。


もう、これ以上ない最強祭りです。



当日チケットはまだまだあります。

「沢山誘いたい~~~~」
「仲間をじゃんじゃん誘いたい~~~」

というかた、個別にメールください。
manager@ito-ganka.jp
相当大盤振る舞いします。
びっくりするくらい(笑)
えむの唯一の出番です!


とにかく、一人でも多くの人に来ていただきたい。
感じていただきたい。



採算は、はなから度外視です。
それより大切なことがあると思っています。



だからこそ、来ていただきたい。。


会場で皆さまとお会いできるのを
心から楽しみにしています。

日時:2011年3月6日(日)
13:00~18:00
会場:虎ノ門ニッショーホール
東京メトロ銀座線  / 虎ノ門下車  2番・3番出口徒歩5分
東京メトロ日比谷線 / 神谷町下車 4番出口徒歩10分
(住所 東京都港区虎ノ門2丁目9番16号)
http://www.nissho.or.jp/nissho-hall/kyoukai.html
参加費:5,000円
 
詳しくはコチラ↓

月別アーカイブ