盛岡市の歯医者をお探しなら、ゆいとぴあ歯科医院へお任せ下さい。

  • 駐車場15台完備
  • 平日は毎日診療!
  • 全室個室・最新CT・託児
  • 無料ご予約 0800-800-8200

歯のマメ知識

2016/03/30
親知らずの注意点

盛岡市 本宮 ゆいとぴあ歯科医院です。

親知らずは抜歯前や抜歯中も注意が必要ですが、抜歯後も注意が必要です。 抜歯当日の注意点は、痛み、出血、食事、入浴があります。痛みは麻酔が切れると痛みが出るので、痛み止めの服用をするように言われた場合は飲みます。食事は出血が止まっていれば軽く食べるなら可能で、もし食べ物が歯を抜いたところに入ったら軽くゆすぐ程度にして触らないようにする。アルコールは飲まないようにする。歯磨きやうがいをやりすぎると、かさぶたの役割をする血餅が洗い流されて骨がむき出しになって痛みます。入浴は、抜歯の程度によりますがなるべく入らないようにした方が良いです。止血したところから出血や痛みが腫れが出てくる恐れがあります。 抜歯翌日の注意点は、腫れや出血、痛みなどがあります。腫れたところには軽く冷やします。出血は抜歯した時と同じぐらい出血が続けば問題です。痛みは数日続くこともあるので薬を飲んで様子を見ます。 その後の注意点は、歯茎を縫った場合は一週間ぐらいで抜糸しますが途中で自然に取れても歯茎がしっかりしていればあまり問題にはなりません。抜歯した穴に関しては1か月から数か月くらいでふさがります。もし穴に血餅ができていなかったらドライソケットの可能性があります。

2016/03/17
親知らず(智歯)の虫歯

親知らずが虫歯になってしまった時には、高確率で抜歯をする事になります。非常に届きにくい場所にあり、治療器具が届きにくい場所でもありますので、治療できたとしてもその後のメンテナンスも大変ですので、その苦労を考えますと抜歯をした方が簡単です。

親知らずの治療は痛いイメージがありますので、できるだけ抜歯したくないと考える人は多いですが、放置したあげく抜歯をする事になりますので、早い段階で行った方が口の中を清潔に保ちやすいです。

生え方にもよりますが、元々歯ブラシが届きにくい位置にありますので、食べかすやムラークが溜まってしまいます。磨き落とせなかった汚れは、口臭や虫歯と歯周病の原因となりますので、その歯だけの問題に留まらないです。全体の事を考えますと、早めの治療をした方が安全です。

噛む度に痛みが出る状態を放置しておくのも良くないです。痛みが発生しますと、噛み合わせがずれたりしますので、徐々に噛み合わせが悪くなってしまいます。歯1本の治療だけで済まない事態になりますので、意を決して抜歯をするのが大事です。

2016/03/14
親知らず(智歯)の痛くない抜歯

盛岡市 本宮 ゆいとぴあ歯科医院です。

抜歯に限らず歯の治療と聞くと痛みを伴うと考えてしまいます。まず歯医者へ行くことが怖いという人も少なくないと思います。しかし、最近では親知らずの無痛抜歯を行なっている歯医者があります。通常歯茎に局所麻酔を行なっていましたが、無痛治療の場合点滴による麻酔を行ないます。麻酔薬の量を調節することで麻酔の効果もコントロールすることが可能であり、痛みは感じないが軽く受け答えの出来る程度から完全に眠ったままの状態で治療を受けられるなど各個人のニーズに合わせることも可能です。 また痛みがなくなるだけでなく、腫れも従来と比較すると半分以下に軽減しています。 しかし、麻酔薬を使用するため各個人に適切な量を使用するためにも、事前検査が必要になったり、治療後もしばらくは状態の観察が必要となり状態が安定したのを確認してから帰宅可能になるため点滴での麻酔をせずに治療を行なう場合とでは治療に必要な時間が異なります。また、点滴による麻酔を使用するため別途費用も必要になります。 親知らずの治療は痛みがあると行なえなかったり、た生え方によっては絶対治療が必要であるものとそうでないものもあります。 親知らずは虫歯になりやすいため痛みの有無に関わらず歯科検診を受けられることをオススメします。少ない痛みで治療を行ないたい人には一度検討していただきたい治療法です。

2016/03/03
親知らず(智歯)の注意点

親知らずは抜歯前や抜歯中も注意が必要ですが、抜歯後も注意が必要です。

抜歯当日の注意点は、痛み、出血、食事、入浴があります。痛みは麻酔が切れると痛みが出るので、痛み止めの服用をするように言われた場合は飲みます。食事は出血が止まっていれば軽く食べるなら可能で、もし食べ物が歯を抜いたところに入ったら軽くゆすぐ程度にして触らないようにする。アルコールは飲まないようにする。歯磨きやうがいをやりすぎると、かさぶたの役割をする血餅が洗い流されて骨がむき出しになって痛みます。入浴は、抜歯の程度によりますがなるべく入らないようにした方が良いです。止血したところから出血や痛みが腫れが出てくる恐れがあります。

抜歯翌日の注意点は、腫れや出血、痛みなどがあります。腫れたところには軽く冷やします。出血は抜歯した時と同じぐらい出血が続けば問題です。痛みは数日続くこともあるので薬を飲んで様子を見ます。

その後、歯茎を縫った場合は一週間ぐらいで抜糸します。抜歯した穴に関しては1か月から数か月くらいでふさがります。もし穴に血餅ができていなかったらドライソケットの可能性があります。

2016/03/01
マウスピース矯正

こんにちは。盛岡市 本宮 ゆいとぴあ歯科医院 です。

歯並びを矯正する方法というのはいくつかありますが、その一つとして近年人気があるのがマウスピースを用いる治療方法です。 様々なメリットがある治療方法ですが、メリットとしてまず挙げられるのが目立ち難いという事です。透明で薄型の作りとなっていますので、歯に装着した場合でも目立ち難く、人目を気にせずに矯正を行う事ができます。その為、ワイヤーなどを用いた目立つ矯正方法は苦手という場合でも安心です。 自身で簡単に取り外す事ができるメリットもあります。ワイヤーなどを用いた治療方法ですと、自身では取り外す事ができません。その為、どうしても外したいシーンがあるという場合には歯科医師と相談して外してもらう必要があります。 マウスピースなら簡単に取り外す事ができますので、外したいと思ったら自身ですぐに対策をする事ができます。また、取り外しが簡単という事もあり、食事や歯磨きの時に邪魔になってしまう事がありません。その為、食事を楽しめるようになりますし、歯磨きもしっかりと行う事ができますので、虫歯などの発生リスクを下げる事ができます。因みに取り外したマウスピースは洗う事ができますので、いつも清潔な状態で装着する事ができるというメリットもあります。

診察・相談のご予約 オンライン予約はこちら