盛岡市の歯医者をお探しなら、ゆいとぴあ歯科医院へお任せ下さい。

  • 駐車場15台完備
  • 平日は毎日診療!
  • 全室個室・最新CT・託児
  • 無料ご予約 0800-800-8200

歯のマメ知識

2015年01月14日
保険クラウン

こんにちわ。

盛岡市 歯科 ゆいとぴあ歯科医院 です。

クラウンとは虫歯の治療などで欠けたり削ったりしたところに被せる人工の歯のことです。ひどい虫歯の場合、ファイルやリーマーといった器具を使って細菌に感染した資質や神経を取り除き歯の病気を治療する根管治療をしたときに歯の根に土台であるコアを入れてかぶせます。このコアには数種類あり保険が適用されるのはレンジコアとメタルコアです。

クラウンにも金属やレジン、セラミックなどで作られたものがあり、それが適用されるものとそうでないものがあります。

口を開けたときに銀色の金属が見える銀歯といわれるものが保険適用されています。素材は金銀パラジウム合金で、一般的に保険で奥歯の治療をする時に使います。メリットとしては金属なので強い力がかかっても金属なので問題なく使用でき、治療費が安いです。デメリットとしては、銀色なので目立つことと時間が経つと金属が溶けだし、歯や歯茎などの変色が起こる可能性があります。

安く前歯の治療をしたいときに使う硬質レジン前装冠があります。これは金属にレジンが張り付けられているクラウンで銀歯のように目立たなくしてあります。見た目が白い歯にできますがレジンなので白い部分が黄色く変色したり欠けたりします。