盛岡市の歯医者をお探しなら、ゆいとぴあ歯科医院へお任せ下さい。

  • 駐車場15台完備
  • 平日は毎日診療!
  • 全室個室・最新CT・託児
  • 無料ご予約 0800-800-8200

歯のマメ知識

2014年07月28日
総入れ歯のメリット

総入れ歯にはいくつか種類があり、そのそれぞれにメリットがあります。

健康保険が適応されるのは、義歯床がプラスチックタイプのものです。ほとんどの症例で使用することができ、保険が適応されているので、価格も安価であり、修理しやすいのが特徴です。

健康保険が適応されないものには、様々なタイプがあります。

義歯床が金属のものは、金属は強度が強く入れ歯を薄くできるため、違和感を感じにくくしゃべりやすいです。金属は伝熱性に優れているため、食事の時の温度感覚が自然に近く、また、汚れがつきにくいので清潔なのに加えて、割れにくく変形しにくいです。

シリコーン義歯は、義歯床の一部がシリコンなので、入れ歯が当たって痛くなるという状況が少なくなります。入れ歯の種類によって様々ですが、現在使用している入れ歯を回収することが可能です。

また、入れ歯が落ちたり外れにくくなる可能性があります。アタッチメント義歯は、クラスプという止め金が必要ないので見た目が良く、入れ歯が固定されるため安定感があります。磁力による維持力の調整が可能で、噛みごたえが良く、比較的多くの歯科医院で行われています。

インプラント義歯は、あらゆる入れ歯の中で最も入れ歯をしっかりと固定することができ、違和感が少ないです。

総入れ歯にする際には、これらのメリットをよく理解した上で、選ぶことが大切です。

診察・相談のご予約 オンライン予約はこちら