盛岡市の歯医者をお探しなら、ゆいとぴあ歯科医院へお任せ下さい。

  • 駐車場15台完備
  • 平日は毎日診療!
  • 全室個室・最新CT・託児
  • 無料ご予約 0800-800-8200

院長ブログ

2015/05/24
USC JapanProgram & D-1 GP準決勝

こんにちは

岩手県盛岡市 ゆいとぴあ歯科医院 院長 藤本淳です。
この週末は2つの学びをハシゴしました。 

1つ目は南カリフォルニア大学(USC)ジャパンプログラムという、アメリカでも有名な大学の日本向けのコースを受けました。昨年受講していましたがお休みをいただいた月があり、今年1年ごしで全てを受講することができました。

IMG_7674.jpg IMG_7676.jpg

インプラントにおけるティシュマネジメントといって、インプラントは歯のなくなったところにただ植立すれば良いものではありません。長期的に安定して使用に耐えられるように、インプラントの周囲の骨や歯ぐきをしっかりと準備する必要があるのです。
より長期的に成功率の高いインプラントを行うために、どんどん新しい知見が出てきています。自分も学び続け皆様により安心して治療を受けていただけるよう努めてまいります。 

2つめは歯科甲子園(D-1 GP)の準決勝に参加してきました。
歯科医院の中には、働く歯科医師やスタッフが「患者さんのため」と思い頑張っている医院が全国にたくさんあります。
今は予防の時代「予防に勝る治療はない」という想いを持ち、患者さんのために涙ぐましい努力を惜しまない素敵な医院が全国から集まり、その想いを競う大会があります。

11351302_972548949452431_7398887911684835154_n.jpg

昨年秋から医院の取り組みを客観的に評価するため覆面調査員が3回来院し評価を受け、さらに上位30医院が準決勝にて想いを3分間のムービープレゼンにして競います。その準決勝が行われ、上位5医院が決勝に進みました。
ゆいとぴあ歯科医院は初参加ではありますが、覆面調査の段階で平均95点という高得点をマーク!残念ながら決勝には進めませんでしたが、今までのの取り組みが評価された結果となりました。
これからも皆さんが通いたくなる歯科医院づくり、医院一丸となって続けてまいります。

2014/10/11
日本歯周病学会参加 & 認定歯科衛生士誕生

ゆいとぴあ歯科医院 院長 藤本淳です

10月19日 日曜日 神戸市で日本歯周病学会が開催されました。

2600名以上の参加者があり、立ち見で聴講するセッションもある熱い熱い学会でした。

今回は、歯周病のうち治療法で悩まれる内容について、著明な先生方の治療やデータから日常臨床に役立つヒントをたくさん頂きました。また歯周治療について長期経験のある先生から、治療成功へのエッセンスを聴くことができとても学びになりました。

IMG_6152.jpg

そして今回最幸の報告

ゆいとぴあ歯科医院に3人目の歯周病学会認定歯科衛生士が誕生しました!!!!!

IMG_6179.JPG

学会では先日行われた試験結果発表の場でもありました。歯科衛生士大沢が、今まで治療して来た経験が認められ学会の認定歯科衛生士試験を通過!!試験は書類選考で半分が落ち、試験監督を前に行うプレゼンテーションでさらに半分が落ちるという、治療ができるだけではダメで知識と技術力、資料採取やプレゼン力も試される難関を突破しました。
この試験を受かることは医院のレベルも問われることになります。資料採取がきちんとしているということは、きちんとした診断や治療計画を立てられる基礎です。そして経過観察をキチンを行っている証でもあります。また技術や知識がなければ、きちんと治すことはできません。医院がメンバー成長の環境を整えていなければなりません。

きちんと治療ができるレベルの医院であること、働く女性のキャリアアップができる医院であることを示していると誇り高く思います。

これからもゆいとぴあメンバーたちが認定医、認定歯科衛生士をとれるよう医院全体で取り組み、患者さんである皆さんに技術を還元していけるよう精進してまいります。

2014/09/20
USC Japan Program 卒業

ゆいとぴあ歯科医院 藤本淳です。

 今年4月から毎月受講してきたUSC Japan Programもいよいよ最終ステージを迎えました。
 このコースではインプラントをはじめアメリカでの最新の歯科医療を学ぶ機会をいただき、今までの基本の確認とともに新たな知識と技術の学びにつながりました。今までは東京にアメリカから教授をお招きして学んできましたが、9月15日〜21日の6日間

IMG_5654.jpgのサムネイル画像 IMG_5775.JPGのサムネイル画像

↑USCの象徴Trojan像     ↑歯学部の建物

ロスアンゼルスにある南カリフォルニア大学歯学部にてセミナーと実習をみっちり受講、最終日には卒業式を迎えました。渡米しての受講は日本ではできないような実習を受けることができたり、現地で多くの講師や学生、ドクターと話す機会があり、大きな学びになりました。
IMG_5955.jpg IMG_5994.JPG

少ないながらもオフタイムになる夜ごはんはL.A.の観光名所に出かけることができました。現地の食、文化に少し触れることも楽しかったですね。
IMG_5961.JPGのサムネイル画像 IMG_5783.jpg

↑郊外のファーマーズマーケット ↑シーフードも美味でした

そして卒業式
USCの文化に触れる時間にもなりました。初めてのキャップ&ガウン(実はとっても重いです)を着て迎えました、卒業証書授与の厳かな式が終わると、キャップトス!と同時にバンド演奏でのサプライズ。アメリカらしいノリノリの演出にビックリ、そのままパーティへと流れていきました。
IMG_5925.JPG IMG_5904.jpg
半年にわたる学びの機会をいただきありがとうございました。
この学びを無駄にすることなく、毎日の治療に活かしていきたいと思っております。

2014/08/31
南カリフォルニア大学ジャパンプログラム

盛岡市 ゆいとぴあ歯科医院 院長 藤本淳です。

東京の猛暑もだいぶ落ち着いてきた8月30、31日

東京・有明にて南カリフォルニア大学歯学部が主催するジャパンプログラムに参加してきました。4月から始まり5回目、今回は歯学部長のアビシャイ先生が来日。日本側の講師として山崎長郎先生、本多正明先生と日本を代表する講師陣のお話しも聞くことができました。

IMG_5468.jpg

今回のテーマは「咬合」つまり噛み合わせです。

むし歯になったら削ってかぶせる。

一見簡単なようですが、実は奥が深いことなんです。噛み合わせの絶妙なバランス。これらを削ることの怖さを改めて感じました。1本のむし歯から始まる噛み合わせの崩壊。これを阻止するためにはどれだけ手間、暇をかけた治療をする必要があると思いますか?

噛むと言うことは、「噛み切る」「すりつぶす」「発音する」色々な機能をこなしています。歯と歯の接触の仕方のなんと微妙なことか。噛み合わせのズレが不正な力を生み、歯の移動を起こしたり、歯周病の進行を誘発したり、ひどい場合には歯が割れたり、折れたりしてしまうのです。
その絶妙なバランスをとるためには、保険治療ではできない、きちんとした材料の選定、噛み合わせの記録、そして知識と技術力、歯科技工士の腕など、ゆいとぴあ歯科医院が大切にしている治療へのこだわりが生きてきます。

ですから「むし歯にしない」ことの大切さを、講師の先生も伝えていました。全部歯が揃っていて、お手入れをして予防されている方は、そのまま何十年経っても歯が全て残っています。対してむし歯になって歯を失った方は、やはり徐々に失って行く傾向がどうしても止められません。

なる前からの予防を皆さんも大切にして頂きたいと改めて強く思いました。

「口福は健口から」

みなさんと共に実現していきましょう!

2014/08/04
岩手県教職員組合様での講演

ゆいとぴあ歯科医院 院長 藤本淳です。

さんさ踊り真っ盛りの8月4日
岩手県教職員組合様で「ライフプラン総合講座」という素晴らしい企画がありました。その中で「口腔衛生について」ということでお話しをさせて頂きました。

200名超の参加を頂き、また真剣に聞いて頂き本当にありがとうございました。

内容としては、むし歯、歯周病予防についてをメインにお話しさせて頂きました。
ゆいとぴあ歯科医院の理念である「口福は健口から」

今、現在何ともなくても、歯を失ってから気付く大きなマイナスがあります。

それを事前に知って頂き、生涯ご自身の歯で過ごして頂きたい。

その想いをぶつけてまいりました。

 

岩手県教職員組合の皆様ありがとうございました。

2014/07/27
南カリフォルニア大学JapanProgram

こんにちは
ゆいとぴあ歯科医院 院長 藤本淳です。

7月26日、27日は東京医科歯科大学で
USC(南カリフォルニア大学)Japan Programを受講してきました。

USCJP-July.jpg

これは4月から8月まで、毎月の日本セッションがあり、USCの著明な教授が来日し、日本の著明な先生方とともに、インプラントについて最新の知識や技術を教わるものです。9月には1週間ロサンゼルスのUSCに滞在し、実技も含めてより深く学ぶコースとなっています。

今回のテーマは審美領域のインプラントについて。

つまり、過去のインプラントは、なくなった歯の機能を回復して食べられることが重要でした。見た目はその次だったのです。現在は技術も材料も進歩して、機能プラス見た目も回復することが当たり前になってきました。

しかし、見た目を回復するためにはとても慎重な治療計画と技術が必要。今までより手間と高度な技術が必要なのです。

ゆいとぴあ歯科医院では予防を大切にしています。まずは「歯を失わない」こと。
しかし、定期的にメインテナンスしていても過去の治療のやり直しや、ケガをすることなどで、歯を失うことはどうしてもあります。そんな時、綺麗な新しい歯を入れることができ、しかも機能もバッチリだったら最高ですね。

そんな風に当院に通われるみなさんに還元できる技術力をつけていきます。

USCJP-July2.jpg

USCのSimon教授と

そして今回は、英語でのプレゼンテーションも行ってきました。

USCJP-july3.JPG

ゆいとぴあ歯科医院でのインプラント治療例についてUSCの先生を前に発表!とてもとても緊張しましたが、無事終えることができました。そして”Good Job!”とお褒めのお言葉と、今後もっとよく治療していくためのアドバイスを頂きました。

これからも精進して、もっと良い治療を行なっていきます。

2014/07/21
明快塾

ゆいとぴあ歯科医院 院長 藤本淳です。

海の日はみなさんいかが過ごされましたか?

ゆいとぴあメンバー5名と自分は千葉県で行われた明快塾SRP合宿に参加してきました。
これは歯科衛生士の大切な技術のひとつSRP。つまり歯の表面からデリケートに歯石を除去し、その後に歯ぐきがきちんと治るように歯の根の表面を綺麗に仕上げるとっても繊細な技術なのです。

これを2日間、全国から意識の高いメンバーが集まり、みっちり学ぼうという場。

Meikai01.JPG
埼玉県で活躍される歯科衛生士長山和枝さんが主催しており、ゆいとぴあ歯科医院からも毎年数名が参加しています。

今回は何とゆいとぴあ歯科医院から、講師として3名が抜擢されました。
(これってとても凄いことなのです!)
今まで学び続けてきたメンバーの苦労が認められた瞬間です。
3名はとてもイキイキと講師として輝いていました。

IMG_5127.jpg DSCN1897.JPG IMG_5123.jpg

セミナー講師ができるような歯科衛生士がメインテナンスを提供できること、ゆいとぴあ歯科医院としてとっても光栄です。そして今回講師ではなかったメンバーもどんどん学び、技術を磨く姿勢を見てとても誇らしく感じました。

DSCN1889.JPG

ゆいとぴあ歯科医院はみなさんに盛岡一の技術をドクターだけではなく、歯科衛生士も提供できるよう学び続けてまいります。

2014/07/13
医療安全・接偶セミナー

盛岡市 ゆいとぴあ歯科医院 院長 藤本淳です。

7月13日(日)サンセール盛岡にて保険医協会主催の医療安全・接偶セミナーが行われました。
ゆいとぴあ歯科医院ではJALの元CAさんにお越し頂いて接偶セミナーを行ってきました。患者さんに気持ちよく通って頂きたい、そんな想いを医院メンバーみんなで共有し、努力を続けております。
あたらめてセミナーを受けることで忘れかけていたことや、新しい気付きがありました。

IMG_5111.jpg
講師の長久保先生と

医院の安全を守るため、患者さんを守るため、これからも学び続けてまいります。

2014/06/22
南カリフォルニア大学JapanProgram

こんにちは

ゆいとぴあ歯科医院 藤本です

今年も6月が終わろうとしています。あっという間ですね。

6月20日、21日と東京で南カリフォルニア大学JapanProgramに参加してきました。4月〜9月のコースも3回目、インプラントについてどんどん学びが深まって行きます。
今回はインプラントと成功に導くためのインプラントの選択基準や設計、診断につかう新しい解析システムについて学んできました。

インプラントは半世紀の歴史があります。その技術もどんどん成熟し、多くの臨床データを基に成功率の高い方法、手順が分かってきています。またCTの普及、コンピューター解析法の進歩で事前にかなりのことが分かり、シュミレーションを行った上でのより安全な治療が可能になってきています。
どんどん進むデジタルデンティストリーにたくさんたくさん学ぶことがあります。これからも学びを深めみなさんにより良い診療ができるよう努めてまいります。

これからの治療に活かせるようどんどん学んでまいります。

IMG_4864.JPG

2014/05/25
矯正治療セミナー

今日は盛岡でSH療法という矯正治療を行いながらお口の機能を正常化する治療法を勉強しました。
東北初開催でまだ東北地方でやっている先生がほとんどなく治療を受けるためには東京までいかないといけないとのことで、東北での協力医院をたくさん作りたいという主催者の意気込み溢れるセミナーでした。
このSH療法は今まで行っていた床矯正とは似ていますが、構造が違ってより効率良く前歯も同時に改善でき、しかも咬みあわせの機能も良くなるとのことで今までの治療に比べ利点が増えました。
今後勉強を重ねしっかりと適応できる症例を学び、みなさんに適正な矯正治療を行えるよう頑張ってまいります。

写真 2+.JPG

1 / 212

月別アーカイブ