盛岡市の歯医者をお探しなら、ゆいとぴあ歯科医院へお任せ下さい。

  • 駐車場15台完備
  • 平日は毎日診療!
  • 全室個室・最新CT・託児
  • 無料ご予約 0800-800-8200
  • 無料メール相談はこちら

歯のマメ知識

2014/03/27
根の治療(根管治療)の必要性

歯科における根管治療とは細菌に感染してしまった神経を徹底的に除去したり、歯を強打し歯髄が炎症を起こすなどの歯の根の病気を治療したり予防したりするもので、その必要性は大変高いものです。これは虫歯が歯髄まで達してしまった場合などもそれにあたります。

歯根治療とは歯の軸にある根管をきれいにした後に薬剤を入れて無菌にし、しっかりと固形物で充填する手技ですが、この治療の成功は患者さん自身が痛みや違和感を感じないだけでなくレントゲン上でも異常が見られない状況を言います。

しかし、この治療は根の中の形が人それぞれなだけでなく直接見て治療することが出来ないため大変難しいといわれるように、初めての治療時であってもその成功率は6割から8割程度といわれています。

しかし、細菌や神経を取り残した状態のままで詰め物をしたりクラウンと呼ばれる差し歯やかぶせ物をしてしまうと後々トラブルが出てくることがあります。例えば痛みが出たり腫れや出血、膿がでるといったことです。

このような状況となったら多くの場合、詰め物やクラウンを再度取り除き治療をやり直した後にクラウンなどを作り直す必要が出てきます。また再治療を行った場合、どんなに丁寧に治療を行ったとしてもその成功率は低下することが言われており、最初からしっかりと根管治療を行うことが非常に大切となってきます。



盛岡市の皆様の歯の健康を守るため、盛岡にあるゆいとぴあ歯科では、丁寧な根の治療を行っています。

2014/03/25
盛岡市8020歯科保健大会

去る平成25年11月10日には盛岡市内におきまして第15回盛岡市8020歯科保健大会が行われました。この大会は地元の歯科医師会による開催でありますが、盛岡市の歯科医の意気込みと地元の方々の歯の健康に対する関心の高さがうかがえます。

ところで8020と言いますともちろん「80歳まで20本の歯を残そう」という歯の健康についての全国的なスローガンですが、実際には80歳の歯の健康を見据えて毎日のケアから定期健診に脚を運ばれる事はお仕事や毎日の生活のために存在感を薄めていってしまうかもしれません。ですが歯の健康を維持することがさまざまな体の調子にかかわってくるとしたらムシ歯の治療は元のこと歯の健康についてますますの関心を持たれることでしょう。実際、口内環境が影響をもたらす体の症状というのは多くあるといわれています。

さらに口内に限ってみても歯周病や知覚過敏、ムシ歯などが原因の口臭など痛みの伴うムシ歯と比べ静かに進行していく物に対しては定期的な歯の検診が望まれます。また、自分では気づきにくい口臭についてもムシ歯治療の際に相談することで解決へと向かうことも十分考えられます。

ぜひ一度健診に足を運ばれてはいかがでしょうか。80歳で20本の歯を持つ自分が見えてくるかもしれません。

2014/03/13
ムシ歯の症状 盛岡市の歯科医院

虫歯の症状は、C1やC2といった感じで表現しており、数字が小さいほど軽い状態を表しています。一番軽いのはC0ですが、この状態はほとんど穴が開いていない状態ですので、しっかりと予防をしていけば深刻な状態にならないです。フッ素を活用しつつ、歯を強い状態にしていけば治療をせずに済みますし、この状態の時に放置をしてしまうと深刻化して治療をする事になります。

次にC1ですが、この時点でも目立った痛みとかはない人が多いです。これ以上深刻化しますと、痛みとかの症状が出てきます。C1でも浅いですが歯に穴が開いている状態ですので、歯科で発見できれば削って詰め物をします。穴が浅いですので、大した痛みなく治療をする事ができます。

C2あたりからは、冷たい物とかでしみたりする症状が出てきます。治療方法としては削って詰め物をしたりするのが一般的ですが、進行具合によっては麻酔とかを使わないといけないです。
これ以上虫歯が進行しますと、かなりの痛みが発生します。寝るのも無理なくらい痛みが発生している場合には、神経までやられていますので、早く歯科にいかないといけないです。そこで我慢しても、絶対に良くなる事はならないです。

盛岡市の皆様の歯の健康をお守りします!

2014/03/10
むし歯の予防(盛岡市の歯科・ゆいとぴあ歯科)

患者側の人がしっかりと予防策をするというのが、一番の虫歯を防ぐのに適しています。歯科医院では指導をする事は出来ますが、それを実践するかどうかは患者様次第です。

日々の生活によって、虫歯や歯周病のリスクを下げる事ができますし、生活の仕方によってリスクは上がったり下がったりします。

防ぐ方法として、歯磨きも大切ですが、食事にも気を配った方が良いです。特に砂糖などの入っている物は良くないですので、食べるのはなるべく控えるのが良いです。
食べるとしても、食べたら歯磨きをしっかりとするのを習慣付けます。良くないのが、夜に間食をしてそのまま寝てしまう事です。歯を磨かずに寝てしまうと、口の中で細菌が繁殖しますし、寝ているので唾液もあまり出ず、乾燥している状態ですので良くない状況が続きます。夕食食べた後に歯を磨く人は多いですが、寝る前にもう一度歯磨きをしますと、口の中を清潔な状態にして寝る事ができます。

間食についても、なるべく食事と一緒にした方が、歯磨きの手間を減らす事ができます。歯磨きが大事とわかっていても、何回もやるのは面倒かもしれません。間食を食事の中に組み込めば、無駄に歯磨きをする事ができるので、しっかりと予防ができます。

2014/03/02
むし歯の痛み

虫歯の痛みによって、症状の進行具合はある程度わかります。軽い症状ですと、冷たい飲み物を飲んだ時にしみたりします。これは、虫歯でなくてもなる事ですが、どちらにしても歯科に診察をして貰った方が良いです。この症状が出た段階で診察を受ければ、歯を削る量も少しで済みますし、治療も早く終わります。

症状が進行しますと、温かい物でも痛みが発生していきますので、痛みで生活に支障が出てきます。この段階ですと深く進行していますので、治療に手間が掛かります。進行しすぎていると、神経を抜いたりする必要が出てきます。

よりひどい状態になりますと、痛さで寝られない状態になります。こういった状態になって我慢をしても、日常生活をしていくのは大変です。数日すれば痛さはなくなり治ったと勘違いされる方もいますが、治ったのではなく実は神経が死んでしまったからなのです。

治った訳ではないですので、死んだ部分が徐々に腐って悪影響を及ぼし続けます。虫歯になってしまった時点で、歯科に行かずに完治をする事はできないですので、我慢をせずに治療をしましょう。

放置をする事によって、治療は通院回数、治療費がかかり、さらにより口の中の状態が悲惨になる可能性があります。

盛岡市で虫歯治療なら、おまかせ下さい。

無料メール相談

ゆいとぴあ歯科では、随時メールでのご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
診療の合間を見て、ボランティアで行っていますので、恐れ入りますが、近県以外の方のご相談はご遠慮下さい
は入力必須項目です。

予約についてのお問い合わせは、お電話にてお願いします。このメールフォームでの予約変更・キャンセルについてはお受けいたしかねますのでご了承下さい。

内容  無料メール相談 お問い合わせ その他
お名前
メール

ご住所
電話番号
メッセージ
HP公開  OK NG
※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、OKを選択して下さい。

 確認画面は表示されません。記入内容をご確認のうえ、チェックを入れてください。

診察・相談のご予約 無料メール相談 オンライン予約はこちら